スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性のほうが歯周病になりやすい!?

2011.03.23.13:25

 歯周病は、歯周病菌により歯茎に炎症が起こる病気です。老化などにより歯肉が弱くなることで、さらに歯周病にかかりやすくなります。磨き残しが一番の原因ではありますが、女性はそのほかにも、歯周病になりやすいリスクがあります。それが女性はホルモンのバランスです。

「男性より女性のほうが歯周病になりやすい!?」

 女性は唾液が少ない人が多く、口の中が酸性に傾くのを防ぐ働きが男性よりも弱いため、口の中の環境が悪化しやすいと言われています。それ以外にも年代別に様々なホルモンの変化から歯の健康を害する要因があります。
歯周病菌のなかには、女性ホルモンを特に好んで繁殖する種類があります。女性ホルモンは、歯茎と歯の間から少しずつ染み出しています。月経前がいちばんホルモンの変動を受けやすく、歯肉がむずむずしたり、腫れたりすることが多くあります。これは女性ホルモンの増加に伴って、毛細血管が影響されることと炎症反応が過度になるからです。
 妊娠中に歯周病になると、早産で低体重児が生まれるリスクは7倍にあがるというデータがあります。妊娠中は歯茎が敏感で腫れやすくなります。 虫歯や歯周病の治療は妊娠する前にすませておきたいものです。また、妊娠中には歯が弱くなりやすいので、カルシウムを通常の2~3倍はとるようにしましょう。産後も育児に手がかかり、自分の歯磨きをおろそかにしがちです。出産を期に歯周病になってしまうケースが多いので要注意です。
 更年期頃になると、女性ホルモンが減ることから骨密度が低くなり、骨粗しょう症になりやすくなるのはよく知られています。歯を支えているあごの骨も弱くなり、歯茎がやせてしまうことや、口が渇きやすくなったりすることも歯周病を悪化させることになります。
 定期的な歯科医院受診で歯周病予防をしましょう!
スポンサーサイト

往診でのできごと

2011.03.07.16:25

1~2月に介護付有料老人ホームの方で自分の歯が抜けてしまった方の往診をしました。
ブリッジで何本かが同時に抜けて(折れて)しまったために、咬めなくなってしまったようです。
数週間でなんとか入れ歯をつくりました。
目も不自由な方でしたが、入れ歯の出し入れも上手く練習できて、しっかり咬めるようになって大変喜んでいただきました。

体が不自由になると、ついつい口の中のことも悪くなることが多くあります。
しっかり咬めるようにしておくことは、認知症や肺炎(唾液がしっかり出るため)の予防につながります。
往診ご相談ください。
プロフィール

たけうちしか

Author:たけうちしか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。