スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯医者さんの食育 ~離乳食はいつ?~

2012.02.10.20:20

歯医者さんは食べる機能についてもご相談をうけています!

【食べる機能を獲得する】
 赤ちゃんにとってオッパイを吸っていたお口が「食べられる」ようになるのはとっても大きな変化です。普段は何気なく「食べて」いても、生まれつきあった能力ではありません。赤ちゃんの頃に「食べるための機能」が育ち、「食べる能力」を練習して獲得したからです。
 赤ちゃんの口に指を持っていくと、チュパチュパと一生懸命吸うかと思います。これは生まれつき赤ちゃんに備わっている反射です(哺乳反射)。赤ちゃんのお口には、乳首がぴったり収まるくぼみがあって、乳首を引き込みやすい形になっています。1歳頃になるとこれがなくなり、上アゴが広がって物を食べやすいお口へと変化していきます。食べる機能の準備が整ってくると、大人と同じように唇を閉じて「ゴクン」と飲み込めるようになってきます。これは実にすごい変化なんです。

【離乳食はいつ始めるのか?】
 指をお口に持っていってみてください。哺乳反射が残っている赤ちゃんはチュパチュパと指を吸います。すぐに指だとわかって吸わなかったら、離乳食を開始してもよいでしょう。哺乳反射が消えて、お口の機能が準備できた状態になった証拠です。
 赤ちゃんの「食べたい」という気持ちは、この機能が発達して、受け入れ態勢が整ってきてはじめて生まれてくるものです。無理強いに食べさせると、丸飲みするくせがついてしまったりします。歯医者はお口や食べる機能の専門家でもあります。食育についても気軽にご相談ください。
スポンサーサイト

診療室に入るのを嫌がっていたお子様

2012.02.03.09:36


小さなお子様は診療室に入るのも嫌がったりすることもよくあります。
でも最初は嫌がっていたお子様も、今では診療室の椅子に座って歯ブラシ指導までできるようになってます。
歯医者が怖くないところであることがわかってくれたんだなって思っています。

虫歯があって治療を嫌がるお子様も、予防的治療で虫歯進行をおさえていくこともできます。
虫歯進行を抑えておいて、歯科治療に慣れてきてから、本格的な治療をすることもできます。

永久歯が生えてくる小学生期にとっては、特に虫歯予防や歯肉炎予防は大切な時期になってきます。
また将来の歯並びを決定するのも小学生期になってきます。
歯だけの問題でなく、鼻の通りが悪い、食事の仕方が悪い、扁桃腺が大きく口で呼吸するなどいろいろな要因で歯並びは決定されます。

お子様の将来のためにも健診をお勧めします。
プロフィール

たけうちしか

Author:たけうちしか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。